ドイツ

ドイツ旅行
4.ベルリン 観光

1.ホテル アドロン

ベルリンではブランデンブルク門すぐそばにあるホテルアドロン・ケンピンスキーに宿泊しました。こちらは地下鉄のブランデンブルク駅からもすぐの場所にあり交通の便もとても良かったです。

ホテルアドロンの正面

ホテルに入ると1階には象のモニュメントが付いた噴水があります。ヨーロッパ調の建物の中に中国の雰囲気のような噴水ですが、あまり違和感がないつくりになっています。

ホテルアドロンの噴水

ホテルの通路はかつてのベルリンの風景の写真等がかざっており、シックな造りとなっています。

ホテルアドロンの通路

・部屋

宿泊した部屋はダブルベットでした。快適に睡眠することができました。

ホテルアドロンのベット

ウェルカムフルーツはリンゴ、チョコレート、クッキーが用意されていました。どれもおいしかったです。

ホテルアドロンのウェルカムフルーツ

ミニバーにはワインやブランデー等のお酒が用意されていました。他のホテルと比較すると価格帯の高いものが用意されている印象でした。

ホテルアドロンのミニバー

部屋には小さいながらもウォークインクローゼットが設けられていました。それほど服を持って行ってはいないですが、あると便利だなと思いました。

ホテルアドロンのウォークインクローゼット

洗面所はダブルシンクのタイプとなっており、贅沢な造りとなっています。また、バスタブもついており、ゆっくり過ごすことができます。

ホテルアドロンの洗面所

バスタブにもシャワーが付いていますが、別にシャワーブースも設置されていました。シャワーの水圧も強く、広い洗面所となっていました。

ホテルアドロンのシャワーブース

ホテルの名前の入ったアメニティが準備されています。

ホテルアドロンのアメニティー

・朝食

朝食会場はホテルの2階になります。朝7時位に行きましたが、空いていました。

ホテルアドロンの朝食会場

朝食会場のパンは種類が多くありました。どちらかというと固めのパンが多かったです。

ホテルアドロンの朝食のパン

ヨーグルトやフルーツポンチ、ジュースも種類が豊富に用意されています。

ホテルアドロンの朝食のフルーツ

サーモンやハム、サラミも用意されており、種類が豊富にありました。

ホテルアドロンの朝食のサーモン

朝食会場にはジュースだけでなく、シャンパンも用意されています。朝から頂くシャンパンは贅沢な感じがしました。

ホテルアドロンの朝食のシャンパン

ウェイターの方にお願いすると、卵料理とソーセージを持ってきて頂けます。出来立てを食べる事ができ、おいしかったです。

ホテルアドロンの朝食のオムレツ

ソーセージは肉汁がたっぷり含まれていました。

ホテルアドロンの朝食のソーセージ

フルーツもオレンジ、ラズベリー、マスカット、グレープフルーツと色々食べましたが、どれもおいしかったです。

ホテルアドロンの朝食のフルーツ盛り合わせ

2.ベルリン大聖堂

ベルリン大聖堂は19世紀後半から20世紀前半に建造されたネオゴシック形式の大聖堂となります。hackescher markt駅から徒歩10分位の場所にあります。

ベルリン大聖堂の外観

ドームの中は荘厳な雰囲気があります。ステンドグラスも綺麗でした。

ベルリン大聖堂の内部

ベルリン大聖堂は 上ることができ、ベルリンの街内や頂上のドームを見る事ができます。当日は天気が悪くてあまり見通しがよくなかったです。

ベルリン大聖堂の頂上

3.ベルリンの壁

東西ドイツ分断の象徴であったベルリンの壁を見学してきました。ベルリンの壁が残されているイーストサイドギャラリーは、オスト駅から歩いてすぐの場所にあります。ギャラリーの最初の方は落書きがいっぱいでした。

ベルリンの壁の裏

少し歩いていくとアーティストが描いた平和へのメッセージの壁画が多数あります。ベルリンの歴史を感じさせます。

ベルリンの壁の表

4.ブランデンブルク門

ブランデンブルク門は1791年に造られた門となります。夜はライトアップされており、神秘的な雰囲気がありました。ホテルのすぐ前でもあり、沢山の観光客で夜になってもにぎわっていました。

ブランデンブルク門