ポーランド

ポーランド旅行
1.クラクフ 観光

ポーランドに旅行に行ってきました。直行便を予約することができなかったので、成田空港⇒チューリッヒ⇒ワルシャワと乗り継ぎを利用しました。ワルシャワに到着するころには疲れてしまいました。

初日はワルシャワで1泊して翌朝に電車でクラクフまで向かいました。時間は2時30分位かかりました。早朝の出発でしたので車内販売で朝食を頂きました。朝食は簡単な卵料理とコーヒーを頂きました。テーブルが広くゆっくり食事をすることができました。

1. グランウォルド記念碑

旧市街に入る前にヤナ・マテイ広場があります。こちらにはグランウォルド記念碑が飾ってあります。 ポーランド国王ヴワディスワフ2世はポーランドの黄金時代を築いたようです。

2. フロリアン門

フロリアン門から旧市街の方に入っていきます。14世紀に建造されたゴシック様式の門となっており歴史を感じる事ができます。

3.バルバカン

こちらはバルバカンで要塞や城壁の役目をしたものであり、15世紀に建造されたものです。無骨な印象ですが屋根はかわいらしい形になっています。

4. コレギウム マイウス

コレギウム マイウスはポーランドで建てられた最も古い大学です。この建物にはからくり時計が設置されており、時間になると複数の人形がまわって出ていきます。

5.聖アン教会

こちらの教会は17世紀に建造された教会です。内部は荘厳な雰囲気となっています。

6. ヴァヴェル大聖堂

ヴァヴェル大聖堂は、11世紀に建造されたカトリック教会の大聖堂です。大聖堂に向かう途中にはヴァヴェルのドラゴンの銅像があります。こちらの銅像は時間によっては火を噴くパフォーマンスがあるようです。残念ながら私は見る事はできませんでした。

ヴァヴェル大聖堂はいくつかの建物が連なっています。黄金の屋根の ジギスムントの礼拝堂は王室のための礼拝堂とされています。独特な形の塔となっており、近くで見ると感動します。

大聖堂の中の階段を上っていくと大きな鐘があります。人間のサイズと比較するとわかりますが、間近で見ると迫力があります。

階段を上った先では、クラクフの街を一望することができました。

7.シナゴーグ

最後にシナゴーグを見学してきました。ユダヤ教の事はよくわかりませんが、神聖な雰囲気で歴史を感じさせる建物でした。文字も普段見るアルファベットとは違って独特な文字となっていました。